2009年03月26日

GI値をご存知ですか

グリセミック指数・GI(Glycemic Index)値とは、
ブドウ糖を摂取した場合を100として、それに対して他の食べ物をとった時に、血糖値がどのぐらい急激に上がるか、相対的な比を表してます。
食後血液中の血糖値が上がると、膵臓のβ細胞からインスリンが分泌され、血糖値を下げるように働きます。
インスリンには数多の生理作用があり、他にも脂肪合成作用があるので、余分なインシュリンを分泌させない(脂肪を溜め込まない)為には、食後の血糖値を上げる速度が、緩やかな食品を食べる事が大切です。
この考えは糖尿病治療において、
一日の血糖変動ができるだけ緩慢で、食後高血糖および高インスリン血症を抑えた方が合併症を抑えられる」という研究が基になっております。

かつて話題となった「低インスリンダイエット」は、低GI食品を用いてのダイエットを提唱しています。
GI値が60以下の食品を選んで食べるようにすれば、食事量(摂取総カロリー)を減らす必要は無いとされています。
但し、いくら低GI食品であってもそれは時間をかけて消化され、余分なカロリーならば確実に脂肪となって、いずれ体重は増加しますので、くれぐれも食べすぎにはご注意下さい。

過度に期待しすぎず、あくまでもアンチエイジングを目指した食生活のペースメーカー的位置づけで「低インスリンダイエット」を試してみると良いかも知れません。












【関連する記事】
posted by めあり at 22:31| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。